ブログ

【院長】 東京産科婦人科医会と株式会社ツムラの共催の漢方講演会にて講演しました。

この度、東京産婦人科医会と株式会社ツムラ共催の、漢方の講演会 (すべての女性のための漢方WEBセミナー ~不調に、我慢に代わる選択肢を~)にて講演いたしました。

第3回 すべての女性のための漢方WEBセミナー

 

本講演会では、主に婦人科癌治療に伴う副作用対策に有用な漢方薬を中心として、頻用・定番の漢方薬が効かない・使えないときの代替案についてご紹介致しました。

 

がん薬物療法の副作用には、貧血や疲労倦怠感、食欲不振などがありますが、これらに対して十全大補湯を用い、それでも管理困難な場合は、四物湯や四君子湯ベースの漢方薬の併用が有用な可能性があります。

 

また、抗癌剤の副作用により、手足先のしびれや痛みがみられることがあります。この場合、牛車腎気丸が用いられることがありますが、それでも管理困難な場合は、ブシ末の併用が有用な可能性があります。

 

当クリニックでは、生理痛や更年期症状のみならず、がん治療の副作用対策に関しても、主に漢方薬を用いて積極的にアプローチしております。これらの不調でお悩みの方はご来院下さいませ。

TOPへ